貯金の方法

財布に金を入れる?入れない?

財布にお金を入れる人、入れない人

財布に入っている所持金の金額って、面白いくらい人によってまちまちです。
僕の場合、銀行口座にお金があろうとなかろうと、財布にはいつも5,000円以下の金額しか入れていません。財布にお金が入っていると何かしらに使ってしまう自身があるからです(笑)。一方で、月の生活費を全て財布に入れている人もいますね。
貯金魂的には、その人が貯金できる人かできない人か次第で、「お金を多く入れておいても良い人」と「最小限にしておくべき人」の2パターンに分かれると思っていますが、今回はそれを踏まえて「財布に入れるべき所持金」というテーマについて考えてみたいと思います。

財布にお金を入れてもいい人

まず、財布に大金を入れていても問題ない人とはどんな人か。
はっきり言って、浪費とか無計画とは正反対の人だけです(笑)。僕の彼女を例にすると、彼女は財布に結構な額のお金を入れているタイプなんですが、貯金ばっちりの堅実家です。OLなので買物とかエステとかネイルとか美容院とか…、女子ならではのお金の使い道がそれなりにあるようなのですが、聞いているといろんな使い道があるものの、使うタイミングや金額が頭の中にあるようで、出費をコントロールしながら貯金はしっかり増やしているんですよね。
こういう人は、予定も含めた出ていく金額が把握できているので、財布の中にいくら入れていようがムダな出費がないので問題なく貯金ができるんでしょう。
なので、お財布にお金を入れていても良い人とは、「お金の使い道をコントロールしながら貯金ができている人」と言えます。

財布にお金を入れてはいけない人

逆に財布に大金を入れてしまうとダメな人とは、もうわかりますよね。(笑)
毎月の出費の計画が把握できない人や計画しても実行できない人、すなわち貯金力が低く貯金ができていない人です。貯金ができない人は何かしらムダな出費をしてしまう可能性があり、財布にお金が入っていればあるだけ使う、入ってないとATMから下ろして使うみたいな癖が付いている可能性大です。
こういう場合、「財布に大金を入れてはいけない」というか、極端な話、使う予定が無いなら「お金を持ち歩いてはいけない人」と言っても良いでしょう。(笑)
貯金ができない人は、何にお金が消えていっているのかを把握するのと同時に、財布の中身も改める必要があるってことですね。

財布の中身の金額は貯金力で決めろ!

はい、まとめると、自分の貯金力次第で所持金を決めた方が良いということになります。
毎月、一定額きちんと貯金できているのであればお金を入れておいても問題ありませんが、貯金ができていないような人はムダなお金を使わないように財布の中身を調節し、その金額で済ませるように心掛けることが大切です。
人間、お金がなければジュースでなく水を飲みますし、外食でなく弁当を作ったりとムダな出費をしなくてもなんとかなるもんですから。貯金魂を見ているアナタ、所持金の額を今一度、考えてみてはいかがでしょうか!?