結婚とお金

【特典情報アリ】値引き交渉ってできる?婚約・結婚指輪の相場とステキな指輪をお得に買う方法

どうもどうも、えいたそです。

結婚を考えているサラリーマンにとって、プロポーズは一世一代の大勝負。婚約の成否ももちろんですが、プロポーズにはとてもお金がかかるからです。

結婚式は夫婦二人でお金を出し合うこともあるでしょうが、プロポーズは「給料三カ月分」と例えられるように、男性は貯金から数十万円を捻出しなければなりません。

ここではプロポーズの出費の大半を占める婚約指輪と、ついでに結婚指輪の相場をチェックしていきましょう。

合わせて、少ない予算でも素敵な指輪を手に入れるコツもご紹介します!

※手っ取り早く20%OFFで婚約指輪を選びたいならこちら(期間限定で来店で5,000円分のJCBギフトカードがもらえます)


婚約指輪の相場はいくら?30万円貯めとけばOK!

まずはリングの相場から。

なんとなくお高いイメージがあり、節約してケチりたくはないものの、バカみたいに高いリングも手が届かないというのが実情かと思いますので、だいたいの相場を知っておきましょう。

婚約指輪の相場はだいたい20万~40万円が相場で、婚約指輪が売られているお店では20万~30万円の価格帯のエンゲージリングが最も多くランナップされています。

なのでそれなりのリングを準備しようというサラリーマンは、頑張って「30万円」を貯めて頂ければと思います。逆に言えば30万あればデザインも質も幅広い商品から選ぶことができるでしょう。

「給料三か月分」なんて比喩はバブリーな時代の話ですので、平均年収が400万円台の昨今、指輪の相場も給料1~1.5か月分くらいに落ち着いてきています。

ちなみに、ティファニーやカルティエ、ハリーウィンストンなどの名立たるブランド店では100万円を超える物もありますが、これはもう別物と考えた方が良いでしょう。

婚約指輪が高い理由

さてさて、婚約指輪がなぜ高いのか。

それはリングに付いているダイヤモンドがとても高価だからです。

エンゲージリングが30万円だとしたら、リングの部分(プラチナが一般的)は10万程度で、ダイヤモンドが20万円とリング代の大半を占めています。

海外ブランドのリングには、プラチナやダイヤモンドといった材料費に加え、ブランド料(ブランディング・広告費など)が乗っかっています。

そのため、このダイヤモンドの品質をどこまで求めるかで予算が全く変わってきます。

それこそ、10万円台後半からダイヤモンドの婚約指輪を選ぶことができますが、低価格帯のリングのダイヤモンドは小ぶりで質が低くなります。

反対に、ダイヤモンドが大きく透明度が高い、カット(プロポーションなんて言ったりします)が完璧に近いものほど高価になる訳ですね。

ちなみに、僕はダイヤを選んだ時にその輝きにびっくりしたことがあります。

なんかすごい大げさな感じですが、素人目でも質の高いダイヤモンドと低いもので明らかな違いがわかります。

それ以前に知人のガラスのように輝きのないエンゲージリングを見て、「ダイヤってこんなもんか」と思ったことがあったものの、カットが素晴らしい高品質なダイヤモンドが放つ輝きを見て男ながらうっとりしました。

ぜひ婚約者にはそれなりのダイヤモンドを選んであげましょう。

何が良いの?ダイヤモンドの選び方

エンゲージリングは値切れるのか?値引きの交渉術と注意点

実際にエンゲージリングを選んでいると、ダイヤの質を上げたりして当初想定していた予算をオーバーするということが起こります。

ここではエンゲージリングの値引き事情についてご紹介します。

値引き交渉は可能なのか?

ネットを見ていると値引き交渉で結構値段が下がったという意見が見られます。

しかしながら、はっきり言って値下げ交渉を頑張ったところで、値引きは期待できませんし、できたとしてもごくわずかです。

店員さんを困らせて自分がかっこ悪くなるのが関の山です。また、海外ブランドはブランド価値を落とすことになる値下げは確実に無理です!

婚約指輪の値下げが難しい理由に、「婚約指輪は頑張らなくても売れる」という事情があります。

見に来る人は、何らかの形で指輪を選ぼうとしている人で、そういう人は「婚約指輪を買わない」という選択肢はないからです。(婚約指輪を買わない人もいますが、そういう人は見にも来ないようです)

お店側も面倒な価格交渉をしたくないので、先にキャンペーンやクーポンなどで一定の金額を値引いた金額を見せているというのも値引けない事情の一つです。

また、ダイヤモンドは非常に貴重で仕入れにもそれなりの原価がかかっているので、無理に値下げしてまで売らず、別の安いリングを提案するか「予算にご都合が付いたらまたご検討ください」と帰せばいいのです。

それでも値引き交渉をする際の交渉術と注意点

それでも、男の意地とプライドをかけてなんとしても値下げさせたい!という場合や、予算的にあとちょっと割り引かれたらうれしいな、という時の交渉術・注意点をご紹介します。

値下げ交渉は購入を決めてから最後のカードに使う

値下げを狙って、お店に入って早々「これ安くならないですかね・・・」と言っても全くのムダ。

「あぁー、じゃぁもう少しリーズナブルなものをお持ちしますね」と安いリングを出されてノックアウトです。(こいつは予算が低い、値引き野郎だと警戒されるのでサラリーマンとしても交渉が下手すぎますw)

だいたい、お店のスタッフも最初に「ご予算はどれくらいですか?」と聞いたうえで、予算内のリング、予算よりちょっとお高めのリングを提示してくるはずです。

一方で、なんだかんだお店も買ってもらいたいので、予算内のリングを見せ散々魅力をアピールして、もうあとはお支払いのみ!というタイミングでお客さんを逃したくはありません。

値引きを切り出すタイミングはここです。
最後の最後で買うと決めた後で、さりげなく値引きを探る感じで伝えましょう。

値引き額は5~10%程度・端数分を目安に提示する

いくら最後のタイミングで、さりげなくと言っても、「半額にしてください」なんて言ったら当然「お帰りください」と返されます。

お店も売るからには利益を出さないといけないわけなので、限度ってものがあるわけです。

値引きの提示額は、限度に触れない良心的な範囲である5~10%前後が目安です。(攻めたとして10%くらい)

例えば、350,000円のリングであれば15,000円くらい。もしくは、327,000円の場合は中途半端な端数である27,000円か7,000円の部分を割り引いてもらう感じです。

「315,000円ですね、わかりました。うーん、これ300,000円になりませんか?」って感じです。

あくまでお店側の利益を残し、「これくらいならまぁしゃあないか」と思ってもらえるラインで攻める必要があります。

お支払い方法は現金・カードどちらも用意しておこう

エンゲージリング・ブライダルリング、ともに現金・クレジットカードどちらの支払い方法にも対応しているお店が多いです。

ご存知かもしれませんが、客側にとって便利な「クレジットカード払い」、実はお店にとってはあまり嬉しいものではありません。

2~3%のクレジットカード会社による手数料を、お店が負担しなければならないからです。

そのため、お店が値引きをする上で現金払いかカード払いかでも値引きをするか否かの判断ポイントになったりもします。

値引きしたうえでカード払いをされると、お店は値引き分+カード手数料分の打撃があるわけです。

なので、値引きをしてもらうか、カード払いでポイントをもらうか、どちらの選択肢も残しておけるようにこちらも支払い方法は柔軟に用意しておきたいところです。

婚約指輪と結婚指輪の同時購入で値引き可能性がアップ

お店の心情として、値引きするからにはやっぱり高く売りたいわけです。

単品で高く売れないのであれば、抱き合わせで別商品を買ってもらうことで利益額自体を増やしたいところ。

ここで役に立つのが、婚約指輪と一緒に結婚指輪も買いますよ、というアピールです。

お店としては、30万くらいのエンゲージリングに加え、10~20万×2つのブライダルリングまで買ってくれるのであれば、より「ぜひ当店で買ってもらいたい!」と思うはず。

「値引きできますか?」に加え、「結婚指輪も一緒に買いたいのですが・・・」とダメ押しの一言を加えることで、さらに値引きの確率・値引き額の増加が期待できるので試してみましょう。

値引き交渉でケンカに?値引きは彼女のいないところで

食事の支払いなどでもよくある話ですが、女性は男性にスマートであってほしいという謎の願望をお持ちです。

要は、必死こいて値引き交渉をして店員さんを困らせている姿を見たくないんですね。

特に婚約・結婚指輪選びは女性の夢のイベントの一つですのでロマンティックであってほしいもの。

自分の将来の旦那さんが「これ安くなりませんか?え!できますか!?あと一声!!」なんて競りでもしている様子なんて願い下げなわけです。

なので、値引き交渉は彼女がいないところでやるか、一人で出向いたときにするのがおすすめです。

女性の口コミを見ていると「値引き交渉とかあり得ない」という意見も見られましたので注意しましょう。

男性にも男らしく決めて欲しいし、ケチケチと値引き交渉をする彼の姿も私だったら見たくありません。
Yahoo!知恵袋

彼の中では、婚約指輪には、あまり値段をかけたくないようなんです。正直ショックでした。(省略)値段ではないと思いますが、婚約指輪は私にとっては、特別な思い入れがあるものなのに、そういう気持ちなんだなってがっかりしてしまいました。
OZmall オトナ女子のおしゃべり掲示板

結婚指輪の相場は二つで20万円程度

ダイヤモンドがついているぶん高くなりがちなエンゲージリングですが、結婚指輪はエンゲージリングと比べてそれほど高くはありません。

エンゲージリング代金の「10万円がリング代だ」という話をしましたが、結婚指輪はまさにこの辺りの金額です。
指輪の材質は金かプラチナが一般的で、デザインも金属のみのシンプルなモノが多いのでだいたい1つ5~15万円という価格帯で購入することができます。

ただ、婚約指輪と結婚指輪の購入時期はそれほど間がありませんから、トータルすると50万円ほどかかることは覚えておきましょう。

値引きは面倒&ダサい!最初からお得なお店へ行くのがオススメ

さて、値引きは基本的に難しく、女性もあまり好ましいとは思わないものです。

男性の本音としても、無理に値下げをしたいわけではなく、あくまで予算がある手前、できれば安くならないかな、というだけかと思います。

であれば、答えは簡単です。

最初から、デザインが豊富、セミオーダーに対応している、何よりもクーポンやキャンペーンなどで「値下げします!」と謳っているお店に行くことです。

最近では、老舗よりもデザインが豊富で、値段もお手頃なお店が増えてきています。しかも、値下げしてくれるかわからないのではなく「20%OFFにします」と明言しているところもあるくらいです。

まずはお店にいって、見てみることから始めてみてはどうでしょうか。

来店するだけで5,000円!デザイン豊富なトレセンテ

個人的にオススメなのは、20年の歴史がありつつもトレンドをデザインに生かしてかわいいリングから洗練されたリングまで幅広いデザインのブライダルジュエリーを扱うトレセンテ。

ゼクシィなどの結婚情報紙でもほぼ目にするメジャーなブランドです。

中でも、攻めるなぁと思ったのが、期間限定ですが「予約をして来店するだけでJCBギフトカード5,000円分」プレゼントという特典。

指輪選びで大事なのが、何よりも実物を見てみることなので、お店で見ることは必須です。それに特典が付いちゃってるのでこれは利用しない手はないでしょう。

しかも、Webサイト上でエンゲージリングなら「20%OFF」、マリッジリングなら「10%OFF」を明言しています。(これも期間限定)

買う買わないは実物をみて決めればよいので、とりあえずお店に行ってみましょう!

男性にとっては節約を、女性にとってはステキなリングをロマンティックな気分で選べること請け合いです。


婚約指輪は30万・結婚指輪は20万!値引きが面倒なら最初からお得な店舗へGO!

エンゲージリングはダイヤモンドが高い分高価になりがちです。
男性一人で選ぶのか、パートナーと一緒に選ぶのかというシチュエーションにより買い方が異なりますが、いずれにせよそれなりのものを購入するとなると30万円程度予算がかかることを覚えておきましょう。

一方で、結婚指輪はよほど凝ったものを買わない限り、予算は20万円以内におさまるのが相場です。

裏技というほどではないですが、エンゲージリングは有名店ではなくダイヤモンドの卸を行っているところで購入して費用を安く抑えたという話を知人から聞きました。有名店に卸しているようなところもあるらしいので中間マージンが無い分、同じクオリティのダイヤでも安く買えるとのこと。購入する際はそういったところも検討してみると良いかもしれません。