結婚とお金

結婚する時のお金の注意点

ステキな挙式準備でモメないために

結婚という新しいスタートを迎え、夫婦ともに夢と希望にあふれていることでしょう。
結婚式やハネムーン。誰を呼ぼう、どこへ行こう、と楽しいことで頭がいっぱいかもしれませんね。
とはいえ、結婚ではかなりの出費が見込まれるため、少なからず現実と向き合わなければならない場面もあります。
ここでは結婚というイベントにおいて、ケンカの元になりかねないお金にフォーカス。
トラブルを回避するためのポイントをご紹介します。

お金の話ができる関係を築くこと

結婚するにあたり、最も大切なことはお金のことを夫婦で話し合える関係を築いておくことです。
夫婦の稼ぎはいくらか、貯金はどれくらいあるのか。そして、共働きか主婦(主夫)になるか、出産や住宅購入はいつ頃かなど、結婚後のお金に関わるライフイベントについてもおおよその計画を話し合っておく必要があります。
お金についてお互いに状況を認識していれば、無茶な出費をすることもなく「なんでこんなお金がないんだ!」ということでケンカになることもないでしょう。
ただし、「挙式・ハネムーン」などの結婚に関する出費については「一生に一度」ということで嵩みがちですし、女性は挙式準備から楽しみたいと思っていますから、お金のことで台無しにしないよう、結婚を考え始めた頃からパートナーとお金の話ができるようにしておくのが無難です。

予算と優先事項を決めよう

挙式、ハネムーン、新生活など、結婚するにあたってお金を使う場面は多々あります。
結婚当初は大きな出費が続くので財布の紐が緩くなってしまいがちな時期ですから、だいたいの予算を決め、どこに最もお金を使うのか優先順位をつけないと予算なんか軽くオーバーすることになるでしょう。
挙式を華やかにするならハネムーンは安い時期に行く、挙式はつつましくハネムーンを豪華にするなど、イベントごとに予算に差を付けたり、式場にお金をかけてドレスや小物は節約するなど、挙式一つとってもお金を使うポイントを決めた方が良いでしょう。

手作り、値引きを甘く見るな!

サラリーマンにとって莫大な費用がかかる結婚式。上手にやりくりするには手作りや値引きを活用するのが良いでしょう。 例えば・・・
・挙式はフルパッケージではなくチャペルだけ借りて、ドレスは借りたり、披露宴は別でやる
・ハネムーンはゴールデンウィークや夏休みなどは避け、安い時期に行く
・挙式時の招待状、小物、花などは手作りする
などなど。
とにかく、全てを業者に任せるのではなく、節約できそうな部分は値引き交渉や手作りで節約することが大切です。

お金の話ができる信頼関係こそ夫婦の証?

いかがでしたでしょうか。
よく言われるように、結婚すると「夫婦の財布はひとつ」になりますから、お金については夫婦で同じ価値観を持ち、貯金や収入うの状況は把握しておくことが大切です。そして、頻繁に訪れる大きな出費を伴う場面では、優先順位を付けてできるだけ節約することも大事になるでしょう。
もちろん、せっかくのイベントを楽しむためには、ケチケチせずに思い切ることも必要になるでしょう。
要は、夫婦で一緒にお金のやりくりができれば全く問題ないってことですね。