節約術

節約デートと食事

デート代の半分くらいは食費

デート代って、映画館とか水族館、美術館とかのレジャー施設にかかるお金って実はさほどでも無い気がします。かかったとして、2,000円程度でしょう。
では、デート代で一番かかるお金って何かと言うと、多分食費なんだと思います。
レストランとかでランチをすると2,000円くらい、またまたレストランでディナーをすると3,000円くらいかかります。たまには雰囲気の良い場所で食事、という気分もわかりますが、このデートでの食事をどうするかをちょいと考えてみたいと思います。

食事で特にお金がかかるパターン

さてさて、デートの食事で一番お金がかかるのは、ディナーです。特に、お金がかかるカップルは、二人ともお酒を飲む場合ですね。
ディナー時間帯というのは全てといっても過言ではないくらい、多くの飲食店の勝負時間帯です。つまり、お値段も強気で出てきているんですね。お通し代やチャージ代に加え、1品500~800円という前菜、1,000円以上のメイン、そして高めのアルコール。こいつらの総攻撃でお財布に大ダメージを与えてくるわけですよ。
お酒が飲めるお店でどうするか。女性でがぶ飲みする人はあまりいないかもしれませんが、酒飲みに酒を好きなだけ飲ませていてはお財布によほど余裕がないと大変ですから、飲み物はじっくりと味わえる物を頼み、相手のペースを牽制するしかありません(笑)。
たまにはシャレオツな店でディナーも良いですが、寿司とかパスタとか、メイン料理で腹いっぱいにさせるような店で、前菜とか酒が自然と減るようなお店で済ますのが小細工的なテクニックでしょうか

デートの食費節約はエスコート力でカバー?

ディナーがデートの食費を嵩ませる原因なわけですが、ランチ・カフェ・ディナーと食事を重ねた場合も食費が膨らんでいきます。多分、3回外食した場合、軽く5,000円くらい行くはずです。
なので、その日のデートのメインの食事はそれなりのところに行けばよいでしょうが、それ以外はB級で済ませるのが庶民デートの王道です。例えば、朝・昼はカフェで食事、夜はレストラン、もしくは昼はレストランでランチ、夜はラーメン屋とかね。
食事もデートの楽しみの一つですから、ここもうまくデキる男ぶり(お店を選んでおくとか)でカバーしながら、良い食事の流れをつくるのがデートの食費節約のコツでしょう。

デート代の節約は食費節約にアリ

普段からデートを嗜んでいる方ならわかるかもしれませんが、デートでの食費はやっぱりバカになりません。
なので、行先や内容ばかりではなく、デートコースにおける食事もしっかり考えておくことで、どこでいくらくらいで食費がかかるかというのを計算することができます。
もちろん、デートの雰囲気をぶっ壊すようなお店のチョイスは頂けませんが、女性はデートで気に入ったお店に友達と行くことも多々あるので、オシャレだけど安いお店なんかは女性ウケも良いのでオススメです。