サラリーマンの副業術

自分のワークスタイルに合った副業を選ぼう

ムリなことはムダも多い

『副業では好き・得意を活かそう』にも関連しますが、副業を始める人は心のどこかに「一発稼ぎたい」という欲があるものです。これは仕方のないことですが、副業は文字通り、本業を持ちながら副収入を得ようと言うものですから、本業以上にハードで疲れるものは向いていないと言わざるを得ません。
例えば、副業でアフィリエイトを始める場合、知識も技術もいらないブログから始めることをオススメしますが、無理にこだわって自分のサイトを作ろうとする人がいます(←僕のことです)。サイトを作るにはHTMLやCSSといった知識が必要になりますし、年間5,000円程度のレンタルサーバー代やドメイン使用料(年間300~3,000円)もかかってきます。もちろん、勉強する意欲があればこの費用を投資として考えることができますが、単に稼ぎたいのであればわざわざ勉強するのに手間とお金を費やす必要もないんじゃないでしょうか。結局は続けることができずにムダになってしまうかもしれませんから。
他にも、仕事の後に深夜バイトをやる人もいるようですが、睡眠時間を削ってまで副業をすることは本業をおろそかにする可能性もあるので避けたいものです。アンケートや記事作成といった副業法もありますが、これらもコツコツしすぎて性に合わないと言う人もいるでしょう。
副業は無理なく続けることが収益を生み出す秘訣ですから、最初は体力的も金銭的にも負担にならない方法を使いながら始めることをオススメします。

でかく当てるか地味に稼ぐか

貯金魂的には副業をする目的は少しでも貯金額を増やすことです。
ですから必然的に後者の「地味に稼ぐ」方法をオススメしています。額で言えば、毎月1万円を目指す程度。FXや株といった、当たれば大きいものの、外すと損失も大きいものはできれば避けましょうという考え方です。そもそも、副業は本業では満足いかない、不足している収入を補うために行うことですから、損失を被るのはもってのほかです。
ただ、ネット系の副業法はガツンと稼ぐためには時間がかかるものが多いのも事実です。なので大きな副収入を得たいと思っている人には物足りないかもしれません。
そんな時に考えてもらいたいのが、次のような考え方です。
例えば、毎日120円のコーヒーを飲み、煙草を1箱吸うという人がいたとします。この人の場合、コーヒー代に毎月3,600円(120円×30日)、煙草代に12,000円(400円×30日)、合計15,000円程度かかります。
だいたい1日500円程度の出費があるわけですが、毎日500円稼ぐことができればコーヒー代と煙草代を節約することができ、浮いたお金を貯金に回すことができます。ですから、毎日500円稼げる副業を行うか月に1回15,000円分の副業を行うだけでも、毎月の収支は変わってくるでしょう。
他にも、『毎日貯金のススメ』でご紹介した、1日目は1円、2日目は2円と1年365日の間、経過日数分×1円を貯める「毎日貯金」に充てるおかねを副業で稼ぐのもアリです。毎日貯金では1年で66,000円ほど貯めることができるわけですが、最初は楽でも最後の方は1日300円以上貯金箱に入れるので大変になります。これを自分の財布からではなく、副業法を使ってコツコツと貯めていくんですね。66,000円を日にちで割って毎日180円稼いでも良いでしょう。
副業というと「毎月10万稼ぎたい!」なんて夢を見がちですが、「毎月コーヒー代を稼ごう」とか「1日200円稼ごう」という方が、地味ではあるもののムリなく確実に貯金・節約に結びつけることができますので、副業をする上ではこんな考え方も持っておくと良いと思います。毎月安定的に10万円稼ぐのはそれこそ半年以上の時間がかかるでしょうが、1日500円であれば誰でも100%稼ぐことができると断言しても良い副業法がありますから。

副業の目的とワークスタイルのバランスを考えよう

副業の成功は口を酸っぱくして言っていますが、継続とムリが無いことです。
一発当てようとか、月に数十万円あったらなぁ、という願望は貯金をする上では計画性もなく不確実です。ですから、大きな金額を稼げるようになるための地道な努力をしつつも、毎日確実にお金を稼げるという方法も併せて取り入れることも重要です。
1日当たり500円という金額でも、年間にすると18万円、10年で180万円貯金できるんですから!