オススメ

サラリーマンに贅沢を!一人映画のススメ

至高の贅沢、一人映画のススメ

僕のプチ贅沢の一つ、「一人映画」について語りたいと思います。
一人映画とはそのまんまで、一人で映画館に行くことです。僕の場合は、仕事の後とかにレイトショーで行くことが多いです。一人で映画館って言うと、「カップルで行くところじゃん」「わざわざ一人で行かなくてもDVDじゃダメなの?」「友達いないの?」って言われるんですが、そんな人は映画館の魅力が分からないイモ野郎。

おうちに帰ってアンパンマンとかプリキュアでも見てろって感じです。

映画館の魅力

単純に作品が観たいのであればDVDで事足りるわけですが、映画館で観るのもやっぱりいいもんです。
わざわざ映画館で観る魅力、なんといっても一番は大スクリーンと大音量で映画が観れること。家のテレビでは味わえない迫力があります。そして、割とゆとりのあるソファでゆったりと、飲み物やお菓子を片手に映画が観れるのもいいですね。

「え、うちのテレビ100インチだけど?」「うちシアタールームあるけど?」
なんていう人は今すぐブラウザを閉じて立ち去りましょう。

一人映画の魅力に戻りましょう。
映画館で上映されているのは最新の映画ですから、観たかった映画をいち早く観ることができます。DVDを待っていると、上映から数カ月は待たなければなりません。
これは個人的な意見ですが、映画館は静かで真っ暗ですから映画に集中できますし、映画館の独特な空間自体が好きです。さすが不動のデートの定番、映画館なだけあって雰囲気がいいわけです。

あえて一人で行く理由

僕ももちろん、彼女や友人と映画館に行くことはありますよ。※友達だけでなく彼女もいるのだ!(もう嫁さんになりました)

でも、あえて一人で行きたくなるときがあるんです。特に僕の場合、一人で映画を見に行くことは自分へのご褒美としてのポジションを確立しています。
これはレイトショーの魅力になってしまいますが、一人で行く時はたいていレイトショーの時間帯に行くので席が空いていることがほとんど。

人気作品でも良い席で観ることができます。そして、昼間と違って荷物の置き場にも困りませんし、横の人と肘がぶつかることもありません。「すいませーん」と言いながら、座っている人の前を縮こまりながら歩くことも稀。

人が少ないので物音もほとんど気になりません。デートとかだと昼間だったり、夜と言ってもまだ人で混み合う時間帯ですから、周りを気にしちゃいますよね。さらに、レイトショーだと料金が安いんです。普通は大人だと1,800円くらいですが、僕がよく行くTOHOシネマズだと1,200円と600円もお得なんですよ。観たいけどついてきてくれる人がいない作品でも一人なら気を遣わず観に行くことができますしね。

プチ贅沢にオススメな一人映画

1,200円程度の価格で、最新の好きな映画がゆったりと観れる・・・。
薄暗い中で映画の世界にどっぷりと浸れる。
どうですか、超贅沢だと思いませんか?節約するのであればDVDを観ればいいわけですが、映画好きならやっぱり映画館でみたいものですよね。

贅沢と言っても1,000円ちょっとなので、一人で映画館に行ったことがない人はぜひ行ってみてもらいたいものです。
頻繁に行くとそれこそ浪費ですが、たまに行くのは立派な自分へのご褒美!給料日後の一人映画で自分をねぎらってみるのはいかがでしょう?