貯金の方法

差額貯金のススメ

差額貯金を始めよう

「つもり貯金」ってご存知ですか?
「外食したつもり」で1,000円を貯金したり、禁煙中に「タバコを買ったつもり」で400円を貯めたり、お金のかかることをやった「つもり」になって浮いたお金を貯金する貯金術です。
今回ご紹介する「差額貯金」は、貯金魂思い付きの貯金術。お金を払う時にキリの良い金額を支払い、お釣りなどの本来支払う金額との「差額」を貯金しようというものです。「支払ったつもり」になるのでつもり貯金の応用版とも言える貯金術です。

具体的な実践法

差額貯金では、お釣り(余り)が出る買い物や支払いに最適です。
例えば、ランチで800円なら「1,000円のランチを食べた」ということにして差額の200円を貯金します。
また、家賃などの固定費で実践するとより確実に貯めていくことができるでしょう。家賃が84,000円だったら「家賃は90,000円」と考え、差額の6,000円を貯めていけば毎月6,000円、年間72,000円を貯金できるわけです。

口座引き落としの出費に効果大

お釣りの場合、少額の買い物に使ってしまって貯まらない可能性もあるので、お釣りは財布ではなく貯金箱に入れるなどの工夫が必要になります。
一方で、家賃や光熱費など、銀行口座から引き落とされる出費であれば差額は確実に積み立てられていきます。より確実に貯めるのであれば、頻繁に出し入れのある口座ではなく、引き落とし専用の口座を作るのがベストです。

忘れた頃に貯まる差額貯金

つもり貯金の場合、「つもり」の対象が我慢の対象だと変なストレスを感じてしまい長続きしない可能性があります。
ただ、差額貯金では84,000円の家賃を90,000円、7,800円の携帯代を8,000円と思い込んでしまえば良いので、自然に差額が蓄えられていきます。
本来支払うべき額よりも多少負担は増えますが、忘れた頃に結構な金額を貯めることができるので貯め癖の無い人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。