貯金魂

お金を貯めたいサラリーマンの貯金・節約・副業情報サイト

最新刊も旧作も無料で楽しめる!本が好きなら図書館へ

2017.05.28

本は好きですか?

皆さん、読書は好きですか? 僕は大学からよく本を読むようになり、小説なんかは映画を1本見る以上の満足感が得られるので大好きです。社会人になってからはプレゼンの上達本や業務効率化など、勉強のために読書をしたりしますが、ネット情報とは異なり、質も内容も濃いのでまだまだ本の価値は十分にあるなぁなんて思ったりするほどです。
ただ、読書好きにとってネックなのが本の値段が地味に高いこと。漫画は一冊500円くらい、小説も文庫で600円、ハードカバーは1,000円を超えたりします。ビジネス本や学問書はもっと高額です。
本ってよほどお気に入りでない限り、基本的に一回読んだら終わりですから、この価格の高さに躊躇してしまうこともあります。というわけで、今回は読書好きのための節約法、図書館の魅力をご紹介します。

読書好きは図書館へGO!

読書好きにオススメなのが、地域に必ずある図書館を利用すること。
借りるに当たり、登録をしたり返却日があったりという制約がありますが、無料で好きな本を借りられるのは読書好きにはありがたいものです。
最近の図書館のすごいところは、雑誌や小説、レシピ本まで様々なジャンルの本が、古いものから新しいものまで豊富にそろっていること。借りたい本が無かったとしても、リクエストを出すことができたりもします。
自分のお気に入りの書籍は購入しても良いと思いますが、1回しか読まないような本は借りて済ますのも節約に効果アリです。
読書好きの貯金家の方は図書館を利用してみてはいかがでしょうか。

図書館ではどんな本がよめるの?

図書館では、規模や地域により異なるものの、下記のような書籍を読む・借りることができます。

  • 歴史、ビジネスなどの一般書籍
  • 旅行のガイドブック、料理・ファッション雑誌
  • 子ども向けの絵本
  • 読売や日経などの主要な新聞

そのほかにも、視聴覚資料としてCDやDVDなどを利用できたりします。
書籍については、最新のものが置いてあり、仮に置いてなかった場合でも、リクエストをすることで取り寄せてくれたりします。

バリエーションも豊富なので、何度も読み返さないような本については、図書館で借りることで場所とお金を節約できるかもしれませんね。

図書館は誰でも使えるの?

さて、便利な図書館ですが、市民以外にも使えるのでしょうか?
これも地域によりけりかもしれませんが、基本的にその地域の住民でなくとも、図書館の館内利用は可能なようです。

ただし、館外利用、つまり貸し出しを行う場合、地域住民(市民・区民)以外に、近隣の地域に限られるようです。
ある市では、図書館の書籍を借りれるのは下記に限られます。

市内にお住まいの方
市内の会社等に勤務している方
市内の学校に通学している方
広域行政圏市にお住まいの方
隣接市にお住まいの方

限られるとはいえ、その地域に住んでいる、通っている、隣接している場合は利用できるので、自分が住んでいる地域の近くにある図書館は基本的に利用できると考えて良いでしょう。

暇な休日は図書館へ行こう

皆さんも経験があるかもしれませんが、買ったはいいけど面白くない本や、高かったのに一瞬で読み終わってしまったりと、本を買って「損した感」を味わったことはありませんか?
読まないと価値がわからない本ですから、静かな読書環境の中で迷ってしまうほどの本を無料で読める図書館は、読書好きなら使わない手はないでしょう。暇な休日にカラオケやダーツ・ボウリングなど、わざわざお金のかかる遊びをしなくても、図書館は金がかからないのでボッチにはオススメですよ…。
ちなみに、僕はケチ臭いので税金で運営されている公共の施設は使わなきゃ損だという雑念があったりもします(笑)。 というわけで、読書好きなら散歩がてら、図書館をのぞいてみて目にとまった気になる本はどんどん借りてみましょう!

貯金カテゴリー一覧

貯金学概論
貯金学概論
「貯めたくても貯まらない」なぜ貯金ができないのかを徹底的に検証する、「貯金」について学ぶコンテンツ。
節約術
節約術
「ケチと節約は紙一重」無駄をトコトン省く節約法まとめ。知らないうちに金を捨てる時代は終わった。
お得に生活
お得に生活
「今日はお肉が安い日」どうせ金を使うなら、少しでも安く、得をする方法で使うべし。チリツモの精神。
サラリーマンの副業術
WEBマーケッターの副業術
「副業してないやつはいない」小遣い稼ぎが当たり前になったが、稼げるやつは一握り。WEB業界人が副業法をがっつりと解説する。
貯金魂特集
貯金の知恵
結婚や住まいなど、貯金・節約でくくれないお金にまつわるお役立ち情報をお届け。
オススメ
節約レシピ
管理人が身銭を切って利用したモノ・サービス・お店をご紹介。